<   2010年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧
CELTSITTOLKE情報ほか
いよいよ秋も深まり、随分冷え込んできましたね。

CELTSITTOLKE関西ケルト/アイリッシュ・コンピレーションアルバムもいよいよ発売間近となり、
情報が公開されはじめました。
参加バンドによるレコ発ライブも具体的に話がでてきまして、盛り上がってきています!
仮MIXによるサンプル版も先日完成し、私自身毎日楽しんで聴いています。
コンピレーションアルバムの楽しさがぎゅっと詰まった、いいCDになっているなあと嬉しく思っています。

下記にて試聴もできるようになりましたので、一足早く音源をチェックしてみてください♪
「CELTSITTOLKE」オフィシャルページ(試聴は Artist List のページにて♪)
私たちは明後日最終MIXのためスタジオに行って参ります!


それから、私(nami)は現在、アメリカ人のバグパイプ演奏家Dick Hensoldさんのコンサートツアーの真っ只中ですが(詳細はやわらかな音じかんブログ)、ツアーの最終日に大阪のフィドル倶楽部でワークショップとコンサート、パーティーがあり、ぜひ多くの方にご参加いただき、Dickさんと交流をしていただければと思い、下記にご案内さいさせていただきます。
楽器持参歓迎だそうです!

♪イギリス伝統音楽 ワークショップとコンサート、打ち上げパーティ
■日時 2010年11月7日(日) 
■レッスン 13時開場、13:30レッスン開始
■コンサート 15:00開場 15:30開演
■出演
hatao(ティン・ホイッスル、アイリッシュ・フルート)
Dick Hensold (ノーサンブリアン・スモール・パイ プス)
上原奈未(ピアノ、アイリッシュ・ハープ)
天澤天二郎(フィドル)
Kana (チェロ)
■会場: 大阪四ツ橋 フィドル倶楽部
http://fiddle.music.coocan.jp/
交通 地下鉄四つ橋線 四ツ橋駅より徒歩すぐ
■チャージ レッスンのみ 2500円
     コンサートのみ 2500円
     レッスンとコンサート 4000円
     要ワンドリンク別途オーダー
■17時~20時の間、打ち上げパーティ
参加費、食費はコンサートにいらっしゃった方は無料。
飲み物代 だけ実費でご負担下さい。
[PR]
by shanablog | 2010-10-31 22:21 | CD情報
with ハンドリオン「ふたつのケルト音楽会」終了~♪
リポートが一週間以上も遅くなってしまいました、、すみません、、

お話があったのは随分前に感じますが、あっというまにこの日がやってきました。

会場のカフェkooで入り時間より1時間前に待ち合わせ。
打ち上げの変わりに、少しだけ交流会を。。

ハーパーの坂上さんはとても気さくで楽しい方で、アコーディオン藤野さんと、フィドラーじょんさんは姉妹のよう。
キャラクターの違う3人のメンバーの皆さんと和気藹々と楽しくおしゃべり。

この日、ハンドリオンさんは徳島のコンサートのために新譜CDを完成されてきたので、その辺りのお話を伺ったり。
ものすごく素敵なジャケットで、お伺いするとテンペラという技法の絵なのだとか。
坂上さんの哀愁ある音楽にぴったりの雰囲気なんです。
(実はシャナヒーのセカンドCDもテンペラ画なんです、気が合いますね?!)

カフェkooさんは初めて使わせてもらったのですが、立地もよく、雰囲気もとても良くして下さって、今回のコンサートにはぴったりだった気がします。

1ステージ目はシャナヒー。
お題がケルトなので、アイリッシュ&スコティッシュのトラッド曲ばかりを選びました。
シットルケCDに収録した曲も2曲演奏しました。
Tistle and Roseは3人で始めて演奏してみましたが、シンプルながらとても好きな曲なので、また練習していきたいです。

2ステージ目はハンドリオン。
金属弦の儚いイメージとは裏腹に、すごく低音の響く厚いサウンドで、坂上さん作のオリジナル曲ばかりをたっぷり演奏されました。
トラッドもいいけど、オリジナル曲って聴き応えがありますね。アイリッシュだけでは物足りない部分が物足りるというか・・・(うまく言えませんが)
よく練られた美しいサウンドで、お客様もたくさんCDを買って帰られました。


今回、宣伝活動もあまりしっかりとは出来なかったのですが、ハープがお好きな方など、多くのお客様が足を運んでくださり、熱心に聴いてくださいました。
お越しくださった皆様、本当にありがとうございました。

翌日の徳島公演も盛況だったようで、よかったです。
数日後、坂上さんからメールで
「CDで聴いてたシャナヒーとはまた印象の違ったパワフルな感じでとても良かったです。
女性3人 見た目が華やかなのがいいですね~」
とのメッセージと共に
「暇つぶしに行った大川沿いで見た結構衝撃的な船の写真」が送られてきました☆
水上バスのミニチュアのような船の上に謎の着グルミ二人が大手を振っている写真でした。。。
確かに衝撃的・・・大阪の淀川って、時々へんな物体が浮いてますよね(巨大アヒルとか)

今年は関東からのバンドとの共演が続きましたが、
また来年あたりは私たちも関東方面に足を運べるといいなあと考えています。
[PR]
by shanablog | 2010-10-25 03:06 | ライブリポート
いよいよ今週末は・・・
ハンドリオン&シャナヒージョイントライブ
いよいよ今週末です。
まだ余裕ありますので、ぜひお誘い合わせていらしてください~♪

ハンドリオンさんは、実は翌日の17日、徳島県北島町創世ホールでコンサートをされます。
シャナヒーも数年前に招いていただいた、「北島トラディショナル・ナイト」シリーズに、今年はハンドリオンさんを呼ばれたのです。
タイトルもずばり「アイリッシュハープの宇宙」。ハープ好きの方は必見ですよね。
詳細はこちらです。

この「トラディショナル・ナイト」シリーズは名物館長Kさんが14年前に企画を始められ、毎年秋に開催して来られた、日本でも稀有なコンサートシリーズです。
アイルランド~ケルト伝統音楽を探求する目的で、一つの自治体で、アイルランド音楽に絞った演奏会シリーズを14回も続けている所は全国的にも相当珍しいそうです。
ハンドリオンさんは徳島に行く前に、大阪に立ち寄られるという訳です。

先日、館長Kさんから「徳島新聞夕刊コラム「ぞめき」に「アイルランド音楽」と題して私の文章が掲載されました」とのメッセージとその記事が届きました。
b0156260_474156.jpg


また記事も。文化ジャーナル

今回のシャナヒーとのライブについても書いてくださっていますが、今回のジョイントが実現したのは、(上記の記事のように)私たちからではなく、ハンドリオンさんからお誘いをいただいたのです。奇遇ですよね!

そんな訳で、徳島と大阪のコンサート、ぜひ一人でも多くの方に聞いていただけたらと思っています。
お待ちしています♪
[PR]
by shanablog | 2010-10-13 04:17 | ライブ情報
フィドルフェス第1夜~月夜のカガク~
フィドルフェス第1夜~月夜のカガク~
コトリ木さん&フィドル倶楽部主催のこのイベントが無事に終了しました!

フィドルフェスでは珍しく、歌が主となったコンサートでしたが、
ホント、歌っていいですね☆

最初は4月に共演させていただいたコトリ木さん。
東京からのサポートを招いてのびやかに歌われる声のハーモニーに心が洗われました。
ピアノもベースも音楽にすごくはまっていて、心がほこほこ。。。
音楽で心が温まるって一番大切なことじゃないでしょうか。
シャナヒーも始まったころはダブルボーカルだったので、こんな透明で美しいハーモニーだったなあと懐かしく思いました♪

2ndステージは、u-fullさん♪
すごく表現力のある、おてらさんのギターに惚れました。
そしてヴォーカルゆかさんの可憐な歌と、マイナー調の音楽に惹き込まれました。
オーディションに参加され、優勝されたとのこと。。。スゴイ!完成度の高い音楽でした!


3rdステージはわたしたち。
月夜のコンサートなのに、最初からパワー全開になってしまいましたが(汗)
お客様がすぐに乗ってくださり、最初から最後まで心から楽しく演奏させていただきました。

b0156260_7492947.jpg


今回はアイリッシュとスコティッシュの音楽が中心でした。
メイシアターの時のレパートリー、チャーリーのジグが復活しました。
b0156260_7514220.jpg


終盤でコトリ木さんを呼び込んで、「ひなたで紅茶」や全員で「朧月夜」
Akiはおもちゃのグロッケンを弾いているんですが、これがオーナーYさんに大うけ!!
気に入ってもらえて良かったです♪

b0156260_7523496.jpg


最後は思わぬアンコールを頂き、たっぷり演奏させていただきました。
ありがとうございました!

b0156260_865699.jpg

コトリ木さんのお人柄が溢れ、お客様の心から楽しんでいる様子が伝わり、全体を通して本当に暖かなライブで、オーナーさんも「いいライブやった~!」と大満足。
あいにくの雨で月は見られませんでしたが、こんなコンセプトライブって素敵ですよね。
来年はu-fullさんが主催されることになり、今から楽しみです。

ご来場くださったお客様、フィドル倶楽部の皆様、そして主催してくださったコトリ木しのさん、
素敵な音楽を奏でてくださったu-fullさん
ありがとうございました!!

写真提供:Oさん、しのさん、ありがとう!
[PR]
by shanablog | 2010-10-11 08:01 | ライブリポート