カテゴリ:ライブリポート( 99 )
アクロスコンサート
大東市立生涯学習センター アクロスでのコンサート、ご来場いただきありがとうございました!

このトリオ編成での演奏は実は半年以上振り。
最後に演奏したのは昨年末の阪神百貨店のときだったのです!(お客様の指摘で気がつきました)

Akiが産休の間、デュオやゲストを招いて活動を続けていたのでしたが、こうしてまた3人で演奏することができ、感慨深いものがありました。

コンサートは、ケルト・北欧のアラカルトプログラムで、若い方から年配の方まで60数名のお客様が、熱心に耳を傾け聴いてくださいました。
会場の広さも考えて今回はPAなしの生音で。
後半になると勢いに乗ってきて、ダラブッカを持ったAkiとフィドルみどりが会場を一周しながら演奏する場面も。
アンコールではお客様も一緒に口ずさんでくださいました。

今回は秋に向けての新曲を3曲演奏し、新しいグロッケンも登場しました。
まだまだ作ってから日が浅い曲ばかりでしたが、どんな風に届いたかな?

CDもたくさんの方が購入してくださいました。
聴きに来てくださったお客様、アクロスの皆様、ありがとうございました!

シャナヒーは12月まで休みなしで演奏していきます。
曲が少しずつ入れ替わっていく予定ですのでまた聴きにきてくださいね♪
b0156260_1120531.jpg


b0156260_11193161.jpg

[PR]
by shanablog | 2011-09-12 11:21 | ライブリポート
メイシアター公演終了しました
連続リポートです。

8/5 メイシアター主催公演「ケルト音楽の旅路」が無事に終了しました。
大雨の降る中の開場でしたが400人弱ほどのお客様がご来場くださったそう。ありがとうございました!

メイシアターは3度目ですが、今回は初めての中ホール。
高さや奥行きがある分、小ホールより照明などがさらに効果的で、スタッフの方の希望でスモークもふんだんに使ってくださり、雰囲気のある舞台を演出してくださいました。

出演メンバーは私たち3人のほか、いつもご一緒してるhataoさんと、ほりおみわさん、そしてダンサーのエディ吉野さん。


ダンスを入れるというのは私たちにとっては実は思い切った冒険だったのですが、エディさんとは一昨年ほど前から何度もご一緒してきたのと、また先日の赤穂のコンサートでもシャナヒーコンサートに参加してくださったのをきっかけに、部分的にでもいいのでご一緒してみたい、という気持ちが沸いてきたのでした。
出演シーンは多くはなかったですが、エディさんらしいパフォーマンスでコンサートの内容にメリハリと立体感をつけてくださいました。

ボーカルのほりおみわさんは、驚くほど才能豊かな人。
舞台は全部で9シーン、6人ものキャラクターの違う語りがあったのですが、みわさんがその役を買って出てくださり、素晴らしい語りと歌を披露してくださいました。
みわさんはいつも舞台上でめいっぱい輝いて眩しくて・・・その後ろ姿を見ながら私たちは幸せな気持ちで演奏させていただくことが出来ました。

2ヶ月渡欧していたhataoさんは、帰国後の翌日からリハーサルラッシュとなってしまいましたが短期間であっという間に仕上げて、魅力一杯の演奏をしてくださいました。
アンケートでも「もっと聴きたかった!」という声がいくつもありました♪

シャナヒーのみどりんの躍動感のある演奏スタイルは相変わらずアンケートでも大人気で、「みどりさん、サイコー!」とか「フィドルは手で弾くものだと思ってました」とか・・感想を読んでいて面白かったです。ステージで思いっきり弾けてましたから!

Akiちゃんは出産まもない舞台でしたが、とにかく無事に終了してメンバー一同ほっとしました。
しばらくお休みしていたとは思えない重低音がかっこよかったです。


冒頭のシーン
b0156260_10501430.jpg


夜の海という設定でストア・モ・クリー
b0156260_10511229.jpg


シドワモイで掛け合い
b0156260_1052374.jpg


エディーさん登場 
b0156260_10531736.jpg


山場はシューラ・ルー。美和さんの歌に心が動かされました。
b0156260_1048467.jpg


ラストに向けてPaddy's green shamrock shore 
b0156260_11254292.jpg


エンディングのシーン
b0156260_10551461.jpg


ご挨拶
b0156260_105686.jpg



<プログラム>
第 1 部

1. Paddy's green shamrock shore(アイルランド民謡)
The rolling wave(アイルランドのダンス曲)

2. A Stor Mo Chroi ア・ストァ・モ・クリー (アイルランド民謡/詞・ほりおみわ)

3. Depertures reel(曲/上原奈未)
Highland reel (スコットランドのダンス曲)

4. Si Do Mhaimeo I シドワモイ(アイルランド民謡)
5. Polka Set ポルカメドレー(アイルランドのダンス曲他)

6. She moved through the fair 祭りの日に(アイルランド民謡)

第 2 部

1. The Monk's Jig(アイルランドのダンス曲)

2. ダンスソロ
Reelset (アイルランドのダンス曲)

3. Siuil a ruin シューラ・ルゥ (アイルランド民謡)

4. The Ballinafad Fancy(アイルランドのダンス曲)

5. The Minstrel Boy 吟遊詩人の少年(アイルランド民謡/詞・トーマス ムーア)

6. Paddy's green shamrock shore 故郷を後にして(アイルランド民謡)

7. The rolling wave(アイルランドのダンス曲)

最後に・・・
聴きに来て下さったお客様、メイシアターの皆様、照明音響の皆様、そして共演者の皆様
本当にありがとうございました!
写真提供してくださったNさん、ありがとうございました!


これでしばらくアイルランドのステージはお休み。
秋に向けてこれからは北欧音楽に取り組んでいきます。
[PR]
by shanablog | 2011-08-07 11:04 | ライブリポート
箕面の森のキャンドルロードライブ
7/31 箕面の森のキャンドルロードコンサートへみどり&namiのデュオで行ってきました。

昨年出演した箕面の森の音楽会から約1年ぶり。
箕面の滝道は、近場ながらなかなか風情があって、森林浴も気持ちよく、人気スポットです。

この日の主催はNPO法人 みのお山麓保全委員会さん。
箕面山の(猿に並んで)名物でもあるもみじの未来への保全のために活動しておられるのだそうです。

キャンドルの数4500本と言われてもなかなかその規模が想像できなかったのですが、滝道の両端にずらーっと滝のふもとまで並べられ、途中の広場ではキャンドルを重ねた塔や文字などにも形作られ、美しい演出となっていました。

その途中にある小さなスポットでの演奏。

「生音で充分なので、音響はなしで」と言われていたのですが、第2回目である今回は昨年よりもお客様も増えていたらしく、音が届かないので急遽MCマイクで対応するなどちょっと進行が手間取ってしまいましたが、ひぐらしも「かなかなかな」と鳴く中で、気持ち良く演奏させていただきました。

やはり屋外はPAは必須だった・・と反省しつつ、またこんな機会があれば、今度はメンバーそろって演奏したいなと思いました。

私たちの写真はないのですが、キャンドルの美しい写真を↓
b0156260_1061072.jpg
b0156260_1061838.jpg
b0156260_106347.jpg

[PR]
by shanablog | 2011-08-07 10:06 | ライブリポート
ミュージック カフェ ランチタイムコンサート
7月1日、music cafe' Anges さんでのランチタイムコンサート、終了いたしました。

当日は時折強い雨の降るあいにくの空模様。
「アイルランドにも梅雨みたいな時期があるのかなぁ?」などと二人してお喋りしながらお店に向かいます。
 
今回のコンサートは、ケルト音楽が大好きでいらっしゃるオーナーさんが月に一度催しておられる「アイルランドからの便り」シリーズの15回目ということで、フィドル&ピアノのduoでおうかがいしました060.gif

シャナヒーで訪れるのは初めてだったのですが、実は、namiは以前hataoさんの伴奏をここでさせていただいたことがあって、その時にも「むっちゃいい感じのカフェやったよ~016.gif」とハナシを聞かせてもらっていたこともあり、とても楽しみだった今回のコンサート☆
噂どおりの、素敵なお店でした043.gif
そこそこ広さのある店内にゆったりとセッティングされたテーブル席。
奥にはグランドピアノがどーんとあって、とても気持ちの良い反響が返ります。
開店前のリハーサルでは、少し音を出して感覚をつかむつもりが、演目のホトンドを演奏していたり012.gif

11時の開店から開演までの一時間の間に、ぞくぞくとお客さまがいらっしゃいます。
そして12時!演奏スタート060.gif
アイルランド、スコットランドなどのケルトの音楽を中心に少し北欧テイストも取り入れながら、あっという間の2ステージでした♪
途中のお話はふたりでかわるがわる001.gif
お食事をしながらのコンサートだったので、ザワザワした感じになるのかな?と思っていたら、みなさん、とても熱心に聴いてくださって。。。060.gif
私たちもとても幸せなひと時を過ごさせていただきました038.gif

music cafe' Anges さん、スタッフのみなさま、
そして、足元の悪い中お越しくださったみなさま!ありがとうございました!!
                                                             みどり
[PR]
by shanablog | 2011-07-05 06:05 | ライブリポート
J-Click公演"Just Alive"
アイリッシュ・タップダンスユニットJ-Clickスタジオの公演に、ミュージシャンとして参加してきました!
私たちにとっては3回目。
去年に続いて、大森さん(フィドル)、岡崎さん(ギター)、松坂健さん(イーリアンパイプス他)、Akiちゃんの代役として山下さん(パーカッション)、そしてあらたにほりおみわさん(歌)が加わり、総勢七名の共演でした。
hataoさんは残念ながら渡欧中につき欠席。

400名の客席が1ヶ月も前に完売だったとか。立ち見も出ていましたが、J-Clickさんの舞台はスケールが大きくて照明や演出もとても勉強になります。いつもちょっとだけリバーダンスのミュージシャンになった心境で、楽しいです☆

b0156260_2302267.jpg


今回の目玉は和楽器演奏集団“独楽”さんと、エディさんたちタップとのコラボ。
巨大な和太鼓が置いてあるだけでも絵的にカッコイイ。
和とタップが見事に融合してましたよ!
b0156260_2305420.jpg


もうひとつの目玉は、みわさんの衣替え(?!)
シーンに合わせて3回チェンジしたのですが、僅か1曲4分の間にドレスからヘアまで大変身!
お見事&素敵でした!
もちろん歌は言うまでもなく・・輝いていました。カロデン、最高に良かった~!!

来年は一気に1000人規模の公演を決意されてるエディさん。
いつも発想が自由で遊び心があって、、、いっぱいいいもの、頂いています♪

来年も応援しています!

b0156260_2312029.jpg

ダンサーの皆様、共演の皆様、スタッフの皆様、そして大勢のお客様、ありがとうございました!
[PR]
by shanablog | 2011-06-21 23:01 | ライブリポート
世界を巡る音楽シリーズ コンサート
6月4日、龍野クラシックアネックスにて「世界を巡る音楽シリーズ」コンサート、終了しました。
メンバーはShanachieからnami、みどり。
そしてうたうたいのほりおみわさん、フルートとホイッスルのhataoさんの4名で。

前日までのじめじめしたお天気とはうって変わって朝からとても気持ちのよい天気058.gif
思い出のたくさんある山陽自動車道のSAにて全員集合♪
おしゃべりを楽しみながらのんびりと現地を目指しました。
今回の会場となった龍野クラシックアネックスさんは、実は去年も少しお世話になっていて。
あの時もとても気持ちの良いお天気でした。
その時のご縁がこの日に繋がったんだな。。。と、しみじみ思いながら。 
 
そんなこんなでお喋りしているうちに、あっという間に現地に到着♪
小高い丘の上に建つ、まるでおとぎばなしに出てきそうな洋館、今日も素敵なたたずまいで迎えてくれました。
b0156260_17391639.jpg


早速会場となるチャペルにて準備開始056.gif
音を出してみると。。。天井が高ーいのと、大きなガラス窓がたくさんあるのとで、もの凄い反響060.gif
気持ちいい~♪
「上手くなった☆って勘違いしちゃいそうやね」 なんて冗談を言い合いながら設営→リハーサル。
b0156260_17384124.jpg
b0156260_17385534.jpg

b0156260_17401179.jpg

同時に会場のセッティングも始まります。
程なくして、何もなかったチャペルの舞台中央に素敵なお花たち。
b0156260_5341652.jpg

b0156260_5372261.jpg

生命の力を感じるダイナミックかつ繊細な素晴らしい作品でした。




             準備を終えてしばし散策♪
b0156260_6141970.jpg
b0156260_6144043.jpg







実はこのコンサート、当初は4月に企画をされていらっしゃったのですが
震災の被害を受けて延期となり、復興支援チャリティーコンサートとして
再度企画され、この日に至ったというわけで。。。
その思いを胸に、冒頭で黙祷をささげてコンサートがスタート。

前半5曲、後半5曲とサプライズでご用意させていただいた「赤とんぼ」を演奏しました。
会場のあるたつの市は「赤とんぼ」の作詞をされた三木露風氏の生誕の地であるということから、この曲が市民に大変親しまれており、「コンサートでも是非演奏してください060.gif」とのリクエストをいただいていたのでした。
「さて。。。どうしよう?」
実は何年も前にこの曲をアレンジしていた、というnamiのアレンジ譜が役立ちました。
彼女もまたこの曲の美しさにふれ、「一度やってみたい!」と思っていたということです。
 
コンサートを終え、お客さまは別の会場でフルコースのディナーを。
そのときにも少しサプライズをご用意001.gif
暖かいムードで終始楽しんでくださったみなさまの笑顔が今でも心に残っています。
 
     終演後、エントランスにて。。。
b0156260_6204223.jpg

                 お世話になったみなさま、お越しくださったみなさま、ありがとうございました!!
 
[PR]
by shanablog | 2011-06-06 06:29 | ライブリポート
学校公演♪
6月3日058.gif
SAYAKAホールにて登美ヶ丘高校の学校公演♪ namiとみどりが出演してきました060.gif
 
メンバーは。。。
   hatao (フルート, ホイッスル)
   ほりおみわ (うたうたい)
   松坂 健 (イリアンパイプス, コンサーティナ, バウロン)
   みどり (フィドル)
   上原 奈未 (ピアノ, ハープ)
   EDDY 吉野 (ダンス)
   麻里 (ダンス)
   沙織 (ダンス)
   夢 (ダンス)        。。。の、総勢9名070.gif
(リンクのあるメンバーは早々にブログ記事をUPされていたので、そちらも見ていただくとそれぞれに面白いかも♪ です☆)
 
  会場となったSAYAKAホール、
b0156260_5391293.jpg

               すごーく広くてね。。。特に奥行きが。 さてさて、どんな風に配置しましょうか。設営中。
 
今回の公演は、メンバーを見てもわかるように、とても豪華なキャストで。
歌の場面、楽器の場面、そして、きらびやかなダンスの場面♪
プログラムを組み立てたhataoさんも「ケルト音楽のいろいろな面を観てもらいたいから。。。」と、演目の選択には本当に苦労をされていました。
いただいた90分に配置するにはパンパンな選曲。 うーん。。。どうする?
でも、もう1曲も削りたくないな~。。。
ということで、学校公演にしては珍しく解説やお喋りは必要最小限におさえた(楽器紹介やケルトの音楽についてなどはちゃんとしましたよ~!!)内容で臨むこととなりました。

リハーサルでは、音響さん、照明さんと入念に段取り確認。
照明が入ると、本当に音の世界のイメージが広がります。。。
今回の音響さんはとてもやりやすい演奏環境を作ってくださって嬉しかったです066.gif

さて。開演061.gif

パイプスとハープをフューチャーした美しい曲から始まります。
そして、ダンス、歌。
 
だんだんと生徒のみなさんの気持ちが近づいてくるのがわかりました。

終盤、J-CLICK のみなさんによるダンス体験コーナーでは先生も参加してくださり大盛り上がり003.gif
 
そしてアンコールに用意させていただいたアイリッシュアレンジの校歌では、なんとなんと生徒さんが手を上げてくださって舞台に。彼を筆頭に客席からも校歌の大合唱。すごいパワーを感じました060.gif

そんなこんなな大盛り上がりの舞台が終わった楽屋にて。。。
b0156260_63637.jpg

いやいや。。。本当に楽しかったです! 登美ヶ丘高校の皆さん♪ ありがとうございました!
 
[PR]
by shanablog | 2011-06-04 06:11 | ライブリポート
ケルトシットルケCD発売記念ライブ、御礼
改めてリポしようと思っていたのですが・・・。
メンバーのみどりんのブログ
にすでに詳しくリポがありますので、チェックなさってください011.gif

私(nami)からも若干のリポを。。

まず・・・会場となった神戸電子専門学校のソニックホール、恐ろしく素晴らしい会場でした。
知らなかった!こんないい会場が神戸にあるなんて!(学校内なので知らなくて当たり前ですが・・)

音響・照明のプロの卵さんである学生さんが大活躍、大仕事をしてくださり、
音響・照明・Ustreamのインターネット配信(カメラワーク凝ってる!)、そしてスモークまで(!)、想像を超える完成度の高い舞台を作ってくださり出演者のモチベーションも上がり、感激でした。
前夜からの仕込など、これだけの規模のイベントは準備も大変だったと思います。
関わってくださったたくさんの学生さんには心から感謝です。

そう、スモークって、私経験したことなかったように思うのですが(もしかしたらあったかもしれないけど忘れました・・・)リハーサルの時から入念に練習(?)してくださっていて、舞台袖から大型の扇風機を回したり仰いだり・・・なかなか体力的にも大変な様子でした042.gif
演奏している私達から見ると、煙がモクモクしていると、なんだかお互いが見え難いかも?!くらいの印象しかなかったのですが、後でインターネット配信の動画を見て、なるほど~効果ある!!と納得してしまいました。
シャナヒーのステージにはこういうの、雰囲気が出てなかなかいいかも♪ちょっと勉強になりました。


今回は、ヴォーカルのほりおみわさんのほかに、CDでもご一緒したウッドベースの佐々木善暁さんも出演してくれました。
みわさんとは昨年から何度もご一緒しているのですが、この5人が揃ったのは初めてでした。
低音厚めの編成でしたが、音が溶け合う瞬間がいっぱいあってとても幸せでした。

みわさんの歌は本当に表情が豊か。
直前の練習ではみわさんがシューラルーのイメージを話してくれました。
ラストのシーンでは、荒野の崖に立ち想いが溢れて、風が一気に吹きすさぶ・・。
ステージでは、音と心が一つになり、ほんとに風が吹き渡ったような気がしました。

私はシャナヒーの後の鞴座さんから聴けたのですが、鞴座の鉄心さんのパイプは歌心に溢れてて、お話も楽しくて引き込まれました。
音楽と人柄が醸し出される鞴座ワールド、絶品でした。

そして、吉田さんやhataoさんの所属するグレンクロス。
グレンクロスの美しいサウンドは大好きな世界。
目を瞑って演奏される吉田さんは、こちらもお人柄が伝わってくる暖かい音でした。

ゲール語合唱・アシュリングさんのステージでは(みわさんも参加)ゲール語の歌の魅力をたっぷり堪能させていただきました。歌詞が英語とは全く違う難しい発音なので呪文のようにも聴こえます。皆さんよく覚えられるなあ~~!

大セッションでは27名(?)が無事に舞台に立つことが出来、大いに盛り上がりました。
PAさん、本当に大変だったと思います。でもくっきりとそれぞれの音が聞こえてきて、気持ちよくって。
ジグ・リール、アンコールのポルカまで、一生の思い出に残るような楽しいひと時となりました。

これだけの出演者のリハから本番まで非常に段取り良く無事に終了することが出来たのは、ひとえにビートシップさんや神戸電子専門学校の学生さん、スタッフの皆様のお陰です。

おひとりおひとりと交流する時間は余りありませんでしたが、海外のフェスのようなこのような貴重な機会をこの関西で作っていただいたことに感謝の気持ちで一杯です。

震災の影響もある中、思い切って続行されましたが、音楽の力、楽しさ、素晴らしさ、改めて感じることができて、パワーを頂きました。

すでにケルトシットルケ第2弾のレコーディングが始まっているようです。
とても楽しみ!ご期待ください!
[PR]
by shanablog | 2011-05-18 23:45 | ライブリポート
ケルトシットルケレコ発ライブ!
ついにこの日が来ました!ケルトシットルケレコ発ライブ。
3時間があっという間で・・盛り上がりました!出演者である私たちにとっても正に夢の舞台でした。

ご来場くださった大勢のお客様、企画全てを取り仕切ってくださったビートショップ水谷さん、神戸電子専門学校の学生の皆様、共演したたくさんのミュージシャンの皆様

ありがとうございました!

早々に写真をいただいたので、まずは写真をUPします。
写真提供くださったNさんありがとうございました!
ライブの詳細後ほど・・・。

そして昨日のライブはインターネットで生中継の動画配信が行われました。
数日はまだ残っているそうです。
ライブのお越しになれなかった方、よかったらこちらをご覧になってください♪

「最近の過去のライブ」をクリックしてください。

b0156260_11133980.jpg
b0156260_11135168.jpg
b0156260_1114478.jpg
b0156260_11142585.jpg
b0156260_11144254.jpg
b0156260_11145677.jpg

[PR]
by shanablog | 2011-05-16 11:15 | ライブリポート
アイリッシュダンスと音楽の夕べ@赤穂コンサート
5月8日、赤穂市文化会館 ハーモニーホールでの「アイリッシュダンスと音楽の夕べ」、終了いたしました。
お越しくださったみなさま、そして主催の赤穂労音のみなさま、会場の職員のみなさま、ありがとうございました!

今回はダンサーのEDDY吉野さん、「うたうたい」ほりおみわさん、そしてみどりとnamiの4名での舞台。
ほりおさんには語りまでお願いして、1840年代のアイルランドにタイムトリップ。
このころアイルランドでうまれた移民歌や、当時から躍り継がれているアイリッシュ・ダンスなどをストーリー仕立てでお届けしました。

この「舞台を組み立てる」という作業がね。。。なかなかに難しいのですが、とても勉強になるのです061.gif
特に今回は初挑戦となる「ダンス入り」の舞台。
「ストーリー上の感情や背景などをダンスで表現してください!」というダンサーさんにとってかなり難しいリクエストだったとは思うのですが、EDDYさんはそれを難なくこなしてくださり、手ごたえを感じてくださっていたようで。。。ありがとうございます!!
うたうたいのほりおみわさんにも語りをお願いした関係で、数回のリハーサルとたくさんのメールにお付き合いくださり、台本の作製時点からたくさんのアイデアをいただきました。ありがとうございます!!
 
赤穂への往復は一台のクルマで。
エディさんもほりおさんもそれぞれにいろいろなお仕事でよく顔をあわせてはいたのですが、
一緒に遠出するのははじめてで。
たくさんお喋りして、たくさん笑って。。。お二方の新たな魅力をたくさん発見しました043.gif
b0156260_22381225.jpg

三木PAで「六甲サイダー」を衝動買いのエディーさん↑

現地に到着して、早速スタッフのみなさまとの顔合わせ。
b0156260_22444571.jpg

赤穂労音事務局長Sさんよりメッセージを頂き、気合が入ります!
今回もたくさんの方々にお世話になっていることを知り、改めて背筋を伸ばす思いでした。

そして、赤穂労音さんよりプレゼントが☆
和柄の巾着袋の中に「赤穂の塩」!! テンション、あがります!!
b0156260_22392621.jpg


そして、セッティング&リハーサル。
ここで照明や音響などの作業をしてくださるのは、全て労音のスタッフのみなさま。
結構大きな舞台なのに、こちらのリクエスト通り難なくこなされるスタッフのみなさまには本当に頭が下がります。
そのおかげもあって、舞台を全部通すリハーサルもキチンとさせていただけました。

本番の準備を済ませて楽屋に戻ると、今回の印刷物一式とお弁当が。
会報や今回のプログラムに目を通しながらお弁当をいただきました。
煮物やお刺身がメインのとてもやさしいお弁当。美味しかったです!!

そして、いざ本番!

2部構成とし、アイルランドの波止場からダンスと音楽をお送りさせていただきました。
b0156260_22405756.jpg

ここから遠い地で歴史上に本当にあったお話とその当時から語り継がれる歌とダンスと音楽。
いろいろに思いを馳せながらお楽しみいただけましたでしょうか?
b0156260_22412730.jpg

一瞬でお客様を魅了するエディさん
b0156260_22415926.jpg

みわさんの語りは少年役がぴったりで素敵なんですよ☆
b0156260_22434630.jpg

私たちデュオもがんばりました!楽しかった!


2部の終わりには花束をいただき、アンコールとしてアイルランドのパブソングを演奏させていただきました。
b0156260_2240117.jpg

いただいた手拍子とみなさまの笑顔に心がふるえました。本当にありがとうございます!

終演後、楽屋に戻ると色紙が数枚。。。
本番終了後に心を込めて書かせていただきました!
b0156260_13545798.jpg

帰りの車中、4名それぞれに充実した一日を過ごさせていただいたことに感謝の言葉が次々に飛び出しました。
みんな揃っての遠出って、本当に楽しくて充実しますよね♪
 
改めまして。
お世話になったみなさま、お越しくださったみなさま、会場のスタッフのみなさま!ありがとうございます!!
[PR]
by shanablog | 2011-05-10 14:00 | ライブリポート