カテゴリ:nami( 19 )
リマスタリング
長年お世話になっているエンジニアのtomoさんが、今年はじめにスタジオを立ち上げられたので、お願いしているマスタリングの立会いをさせてもらいがてら、その新しいスタジオへ行ってきました!

京阪沿線の光善寺から歩いてすぐ。
すご~い!
光が降り注ぎ、アンティークな木の床がおしゃれな素敵な空間!
b0156260_12241126.jpg

床は自分で貼られたとのこと。やはり・・・。
b0156260_12245977.jpg

エンジニアさんって皆さん本当に起用で、なんでも作ってしまわれますよね。
私も自宅のリフォームでタイル貼りやらペンキ塗りやらがんばった経験があり、親しみが沸きます。

4畳半ほどの防音ブースがあります。結構広いです。
b0156260_12254918.jpg

今回はシャナヒーのセカンドCDを8月にリマスター版で発売することになったので、再度マスタリングや若干の手直しをお願いしました。

Tomoさんはシャナヒーとは長いお付き合いで、私自身もたくさん助けてもらい支えてもらってきましたので、サウンドのことも良く分かってくださいます。
彼はとてもきめこまやかな作業をしてくださり、一瞬のノイズも聞き逃しません(←これ、スゴ技と思う。私も細かいけど、レベルが違います)

もしこちら方面で、レコーディングやPA等音に関することでお探し&お悩みの方がいらっしゃったら、ぜひ一度問い合わせてみてください。
価格設定も破格と思いますし、気軽に対応してくださいます♪
http://www.global-sound.jp/pc/


いろんなCDを聞きながら、あーだこーだとおしゃべりしつつ、CDの作業もさくさくと進んで、楽しい時間を過ごしました。

スタジオの方でも何やら新しいことが始まるみたいで楽しみです。
スタジオ経営は大変なこともあると思いますが、期待・応援しています!
私もがんばらなきゃ。

Tomoさん、ありがとうございました~♪
[PR]
by shanablog | 2011-06-17 12:25 | nami
ライブ後記
バテてます。。。

私(nami)は前日に風邪をぶり返し、当日リハではフェニックス公演以来の苦しい体調になってしまいましたが、ティッシュ箱を片手に乗り切り、本番はなんとか集中し心から楽しく弾かせていただきました。

今回わりと早い段階でチケットが売れていった様子で、会場は満員のお客様でした。
いったいどのようなお客様がシャナヒーのコンサートに来てくださったのかと気になったのですが、終演後ロビーに出られず、お顔を拝見できず仕舞いでした。

時間に追われ慌しくコンサートをこなしがちな状況の反省から、今回はいつになく時間をかけて準備してきましたが、「どうなっても悔いなし!」という充実感のようなものがあって、よかったなと思います。

ラザーンの砦で兵士が夜空を見上げるシーン、息を殺したような静寂の中でピアノが響く瞬間、
最後のDundeeが始まったとき会場の皆様から手拍子が沸いた瞬間、

なんだかじ~んと感動してしまいました。。。

複雑な照明リクエストでリハでは随分時間をかけましたが、本番見事に決めてくださり、感謝の気持ちで一杯です。

のりこさんの渾身の語り、
hataoさんの紆余曲折を経ての(?)パイプの音色、
本当にありがとう!

今回カメラを忘れてしまったのですが、映像はばっちり撮れたと思います。
5月になりますが、コンサートの様子を少しでもご紹介できればと思っています。


そして今日は29日のコンサートに向けて、コトリ木さんこと藤木しのさんとの練習がありました。
バテバテの3人とちょっと体調不良のしのさんでしたが、夜にはなんとか最後の曲までたどり着きました(ふ~っ)

しのさんの歌は、本当にナチュラルで、草原に咲く一輪の花そのものです。
さすがヴォーカルさんだけあって、歌のイメージが次々に沸いていろいろお話してくださいます。
水玉模様とか、森の中とか草原を駆け抜ける感じとか。。。
water is wideではホント心が洗われました。なんと繊細で暖かい歌声なんだろう。。。

練習後はオットカレーで元気回復。

明日はギターの録音作業(詳しい案内は後日に・・)、明日もがんばります。
[PR]
by shanablog | 2010-04-11 23:45 | nami
いよいよメイシアター
こんにちわ!
いよいよメイシアター公演まで数日になりました。

Akiちゃんが各地で活躍している間に、私の方は息子の高熱が続き、予定をキャンセルして、看病の日々を過ごしておりました007.gif
ようやく熱も下がって来て一安心。パソコンの故障もそうですが、思いがけないことが起こると慌ててしまいます。普段から余裕を持って生活しなくちゃ、、、

先日はcity life紙の北摂版阪神版、大阪日日新聞に掲載していただきました。

その効果か、現在、前売り券が完売のようで、僅かに手元にあるチケットのみとなりました。
お買い求めくださった皆様に、楽しんでいただけるようがんばります!

ちなみに、今年度からFMcocoloによるコンサート放送はなくなってしまったそうです。
経営が厳しくいろいろな変革があったそうです。
どこも厳しいようでとても残念ですが、またいつか再開されるよう願っています。

というわけで、生のコンサート1回きり!チケットは僅かですが当日チケットもあるかと思いますのでぜひお問い合わせ下さいませ!
[PR]
by shanablog | 2010-04-08 07:05 | nami
出会いの春
ご無沙汰の更新です。
でもメンバー間は毎日PCメールと携帯メールが何通も飛び交っていて、フル稼働中です☆

春は出会いの季節。

先日のラマダホテルのセントパトリックデー・イベントで、初めてご一緒したボーカルのほりおみわさん。
リハから圧倒されまくりでした。。。
楽しいアイリッシュのパブソングの他に、you raise me upなどのバラード系も一緒に演奏させていただきましたが、とてもパワフルでレベルの高い歌唱力で、ぐいぐいとお客様も私たちをも引き込んでしまわれます。
衣装もとってもチャーミングで魅力溢れる女性!
やはり歌が入るとプログラムも引き締まるし、満足感が違います。
これからもまた、hataoさんユニットなどで、ご一緒できそうな予感。楽しみです♪

b0156260_9413026.jpg


そして、すっかりおなじみになったJ-Clickさんのダンス。

こういったイベントのライブではダンスがあるととても盛りあがります。
チューンの途中で登場される瞬間のワクワク感、ダンスが始まったときのお客様の興奮が演奏している私たちにも伝わります。
今回は衣装変えが工夫を凝らされていて、これがまた楽しかった!ジーンズやオリジナルTシャツも可愛い♪
私たちももっと衣装に気を配るべきかしら?!う~ん考えさせられました。

お客様も巻き込んでダンスを踊るシーンでは「ギネスギネスギネス・ラマダラマダラマダ」の掛け声に合わせて。盛り上がっていましたよ!
いつかナタリー・マクマスターや彼女のピアニストみたいにステップ踏みながら弾いてみたい・・・。
(みどりんは結構イケると思うんですけどね~!いつも踊りながら弾いてるし)

ほりおみわさんのブログもご覧くださいね!


そして昨日は、4月の白鷹さんのコンサートで共演させていただく、コトリ木さんこと藤木しのさんとの練習がありました♪

今回は、フィドル倶楽部オーナー、米田さんのプロデュース・・・というか「絶対合うで!」という強い推薦をいただいて、共演が決まりました!

米田さんからは1年ほど前から「いい歌い手さんがおんねん~」と何度も聞いていて、期待が高まっていた私たち。ようやくお会いすることができました。

本当にナチュラルで素敵な歌声。お人柄もとてもナチュラル。心癒されました~。
コンサートの内容も固まってイメージが沸いてきました。
どうぞお楽しみに!

コトリ木さんのブログ

それにしても、ミュージシャンの皆さんはコマめに更新されてるなあ~反省・・。
[PR]
by shanablog | 2010-03-23 03:47 | nami
遅ればせながら
明けましておめでとうございます!
お正月のバタバタが終わり、我が家も静けさが戻ってほっとしていたらすっかりご挨拶も遅くなってしまいました・・。

夕べ初夢を見たのですが、それがシャナヒーのメンバーと京都へ雑貨巡りに行くという、なんともほのぼのした夢で、あまりにリアルに楽しかったので、朝起きると本当に出かけて帰ってきたようなウキウキした気分になりました(幸せモノ)。
そして今日は初練習でした♪

先日唐突に、長年シャナヒーのメインボーカルを務めてきたNorikoの脱退発表をしまして、びっくりされた方も多かったのでは・・・と思いますが、より良い形でお互いに音楽活動を続けていけると私たちは確信しています。
彼女のソロとしての今後の活動にご期待いただくと共に、シャナヒーの舞台でも、4月のメイシアターをはじめ、引き続き歌声を聴いていただける機会がある予定ですので、どうぞ楽しみにしていてくださいね。

バンドはコンセプトだと感じています。
シャナヒーというバンドが様々な形で音楽を提供していけることを私自身とても楽しみにしています♪

というわけで、シャナヒーは4月10日のメイシアター公演に向けて始動しました。
引き続きNorikoさんと、アイリッシュフルートのhataoさんもご一緒していただき、気合の入ったフルステージを予定しています。

内容は「ザ・スコティッシュ」。タイトルは「Scotland's Tale」です。
同じケルトでも、アイリッシュとは随分違った印象のスコットランド音楽。
この機会に、私たちが惹かれるスコットランド音楽の世界に迫ってみたいと思っています。

ここしばらくスコットランド関連の本を読み漁ってきましたが、中でもナイジェル・トランター「スコットランド物語」は素晴らしく、読むのには時間と根気が要りますが、ようやくスコットランドという国の全貌がなんとなく理解できて来たような気がします。
音楽的にはやはりジャコバイト関係が圧倒的に多く、素晴らしい曲も多いのですが、そこに至るまでの長く痛ましい歴史は現代人には信じがたいものがあり、苦難の度に屈することなく、強固で誇り高い民族性を持ち続けたことは奇跡だと、トランターは書いています。

なぜ自分がこのような国の音楽に惹かれるのか?
それは分からないけど、遠い国の歴史に触れると、自分という存在が過去と未来に繋がっているということリアルに感じたり(←当たり前なんだけどサイクルの早い日本にいると意識しにくい)、そして同じ歴史を繰り返さないように・・・と願わずにはいられません。

それにしても、膨大な数の曲の中から数曲に絞るだけでも至難の業・・。
でも曲選びの段階が実は一番楽しい時間です。

先日hataoさんに購入したばかりの、ノーザンブリアンスモールパイプスを披露していただきました。
パイプってやっぱり音に世界があってイメージ広がります。
曲が決まってきたら、少しずつここでも紹介していきたいと思います。
乞うご期待?!
[PR]
by shanablog | 2010-01-08 01:25 | nami
練習風景
メンバー各自いろいろ活動していますが、11月はシャナヒー月。
というわけで、そろそろプログラムのメニューを考えております。

とりあえずダダッとイメージ出して、メンバーに送信。
11月7日はトリオでフィールドライブ、22日は奈良の葉音さん、29日は宍粟労音さんですが、考えてみると、それぞれ全くコンセプトが違うんです。
フィールドは老舗のアイリッシュパブで夜のライブ、思いっきりやりたいtuneをガンガンに(笑)。
葉音さんでは、お家カフェでの昼下がりのライブ、久しぶりにNoriko登場なので、歌の曲を中心にアンプラグドに近いサウンドで、まったりくつろぎながら耳を傾けていただけたら。
宍粟では400人規模の大ホール。そしてhataoさん含むフル編成なので、CDからの選曲を中心に、ストーリーのある構成にしたいと思っています。

それからそれから、4月のメイシアターの内容もちょっと固まってきました♪
懐かしい曲も掘り起こして、前から一度やりたかったことを思い出しつつじっくり企画していきます。


ところで、先日のシャナ練に、クラリネット奏者の井谷さんが遊びに来てくださいました。
うわさは前もって聞いていましたが、本当に素敵な音でびっくり!
クラリネットってこんなしっとりした音が出るんですね~、北欧の曲や有名どころをいろいろセッションしたのですが、メンバー皆うっとりしてしまいました。

そんな中、フィドルのmidorinが突然、「ネタ開発してん!聴いて~」と言い出しました。
なんだろうと思って耳を傾けると
「ぶ~~~~ん・・・」

・・なんと、蚊の飛ぶ音をフィドルで忠実に再現!
確かにそっくり!すごい!・・私は思わずカユくなってしまいました(汗)。

すると、それを聴いた井谷さん
「わたしこんなん弾けるよ!」とクラリネットでおもむろに「ぴろりろ~ぴろりろ~♪」
コンビニのドアが開閉する音?!
これまたあまりにもそっくりで大爆笑。しばらく笑いが止まりませんでした。

そのうちライブで披露されるかもしれませんね、どうぞお楽しみに・・・?
[PR]
by shanablog | 2009-09-30 23:29 | nami
「狐笛のかなた」×シャナヒー
NHKで放映中の「エリン」の作者でも有名な上橋菜穂子さんの「狐笛のかなた」という作品を「風ノ環〜fu-ring〜」さんが舞台化、公演され、そのテーマ音楽を担当させていただくことになり打ち合わせを重ねてきました。
風ノ環さんは以前からシャナヒーを気に入ってくださっていたそうで、今回の舞台はシャナヒーの音楽でと、嬉しい申し出をいただき、コラボレートが実現する予定です。

ただ、公演は関東のみ。当日足を運べないのが残念ですが、お近くにお住まいの方、チェックしてみてください!

2009年9月9日~13日
全8回ステージ
劇場:中野ザ・ポケット
詳しくは風ノ環〜fu-ring〜サイトへ

劇中、ヴァイオリニストによる生演奏の演出があるそうで、只今選曲中とのこと。
セカンドCD「time blue」より、「海」が候補に上がってきておりますが、さて、どんなシーンにどのように使われるのか・・・私も非常に楽しみです。


そういえば、先日CM製作の会社から同じく「海」が候補に上がってきていました。
この曲はオリジナルですが、映像との関わりをイメージして作った曲でもあるので、偶然かもしれませんが、とても嬉しいです。


話は戻ってテーマ曲ですが、タイトルが「狐笛」ですので、笛の音をリクエストされまして、今回はおなじみhataoさんに録音に参加していただきました。
私のつたないデモのmidi音源がhataoさんによって命を吹き込まれ、まるっきり生まれ変わったのは感動でした。
また後日UPできればと思います。



さてさて、シャナヒーでは前回の日記の通り、なんと私の地元で(初めてかも)子供対象のミニコンサート。
家族も喜びそうなイベントつきで我が家にはなんとも好都合?!(笑)
今回もトリオの編成を予定しています。

シャナヒーでは時々子供向けのコンサート依頼があるのですが、私たちのレパートリーは子供たちの知らない曲ばかり。
でもやはりここはあまり迎合せず、アイリッシュ音楽を楽しんでもらいたい!
そんなわけで、今回はちょっとだけ工夫して、お話に盛り込んで演出してみようと企画しています。
[PR]
by shanablog | 2009-08-25 22:52 | nami
近況・・・
久しぶりの更新です。
インフルエンザ騒ぎも少し落ち着いて、私の街(大阪・北摂)でもマスクをしている人はほとんど見かけなくなりました。皆様、大丈夫だったでしょうか?

私自身はすっかり風邪をひいてしまい疲れもあって難聴になるなど、しばらくバテておりましたが、やっと回復してきました。

5月6月は新たな音源製作をするべく、ライブを控えていたのでちょっと気持ちもゆったりでき、急の保育園休園(汗)も無事に乗り切ることができました(←私だけです^^;)

現在シャナヒーはノルウェーの音楽を中心に取り組んでおり、以前から大切にあたためていたチューンや歌を引っ張り出してあれこれイメージを膨らませたりしています。
でもこういう時間って一番幸せ。睡眠削ってがんばってしまいます。

HPリニューアルのためのイラストも届いています。
カメのようなのろい歩みですが、仲間と歩む一歩一歩が楽しいこの頃です。
[PR]
by shanablog | 2009-05-31 22:05 | nami
インタビュー
昨日のシャナ練習日は千客万来?!
元メンバーのmiwakoさんが午前中遊びに来てくれて、午後からはアイリッシュパブ・フィールドでおなじみの「ぶちょー」さんこと、生島さんが、インタビュアーとしてお越しくださいました。

何のインタビューかと言うと、先日ご紹介しましたクラン・コラ アイリッシュ・ミュージック・メールマガジンに次回、シャナヒーのことを記事にしてくださるのだとか(?!)誠にありがとうございます。。

それぞれのアイリッシュ(他トラッド)音楽の出会いの頃の話になると大いに盛り上がり、ぶちょーさんとも共通項がいろいろあって、話は尽きません。

後日フィールドのセッション日記を送ってくださったんですが、私がセッションに訪れた日まで分かるなんて!び、びっくり・・・恐れ入りました。(さすが部長!)

というわけで、わいわいがやがやの「ガールズ」トーク(笑)からどのような記事が生まれるのか?!楽しみにしています!!

追伸
今日のお土産・・・かむろのイチゴ大福はメンバーのブログ参照くださいませ♪
[PR]
by shanablog | 2009-02-04 22:35 | nami
画像UPしました
HASUライブの写真がとどきましたのでUPしています。ご覧下さい。
こちら
[PR]
by shanablog | 2009-01-29 02:20 | nami